不良債権の今の現状について

この数年国民の私たちは、銀行の不良債権の問題は峠を越えたと聞かされてきました。 ですが本当にそうなのでしょうか? 不良債権の保全の状況というものがあります。そこから保全率を見ていきます。

保全率は各銀行が不良債権の割合をどれだけ担保などで補っていっているかというもので、 そこでの保全率は一定の率を達しているので、銀行側は不良債権は峠を越えたというのです。

しかし実際には、まだまだ途中段階で解決はしておらず、バランスシートを不良債権から切り離すことで初めて最終処理が完了するのです。 最終処理は、この不良債権というものをきちんと理解してこそ、できることなのです。 不良債権を素早く処理してくれる杉山事務所もあります。

バランスシートとは

不良債権を抱えた銀行はどういう状態なのでしょうか。 その前に、バランスシートについて詳しく載せましょう。 バランスシートとは企業の借金の状況と財産の状況がわかるもので、 バランスシートの右側は貸方といわれます。

右側の上半分は負債で、必ず返さなければならない借金です。 右側の下半分は自己資本といわれ、他人に返す必要のないお金です。 反対の左側は借方といわれ、こちらには貸方で集めたお金の結果が載っています。

主に、会社の在庫商品や有価証券、不動産の記帳などがあります。 そうやって、正常な銀行と問題銀行の違いがわかるのです。

自己資本比率規制について

国際決済銀行がBIS自己資本比率規制のもとに、 最低限達成していなければならない水準として定めているのが8%です。 自己資本とは株主の持ち分で、返す義務のない資金調達です。

その自己資本比率が高ければ高いほど、銀行の安全性に対して高いということです。 その自己資本比率を計算するには、総資産を計算する段階でリスクウェイトを使って計算します。 リスクウェイトは、返済・償還に対してのリスクの程度を表しています。

この自己資本比率が低下した場合はその程度に応じて、 銀行の経営がまともになるために発動しようとする事を早期是正措置といいます。 早期是正措置がまともに機能するには公表されている自己資本比率が正しいことが条件です。

ただし日本の銀行に関しては100%信用するということはこれまでの銀行破たんからみてもあきらかなのです。

Copyright (C) 2012  債務超過する銀行. All Rights Reserved.